ニキビの治療

ニキビの治療は皮膚科の薬、レーザー治療などいろいろあります

ニキビ治療には、予防、炎症の沈静、ニキビ跡の治療などがあります。

 

今あるニキビを治療するだけではなく、季節、年齢、環境などによって出てくるニキビの予防やケアをすることも大事です。

 

また、症状によっても治療法は異なってきます。

 

症状が軽い場合は、塗り薬だけで充分な効果があります。

 

しかし、ニキビが炎症、悪化した場合はマクロランド、テトラサイクリン系の抗生物質などの内服薬で可能を抑制する必要があります。

 

さらにニキビが悪化した場合の治療には、レーザー治療やダイヤモンドピーリング、ケミカルピーリングなど、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する治療を行ないます。

 

ニキビの症状によっては手術によって切除する場合もあります。

 

また、ニキビ予防として思春期にきび用の[イオウ]やヒアルロン酸注入や古い角質を取るといわれているグリコール酸、フルーツ酸、乳酸。

 

肌の皮脂分泌を抑え、しみにも効果のあるビタミンC誘導体を行なうことで、肌全体の活性化を図りニキビが出来にくい健康的な肌にしてくれます。

 

ニキビ治療に使われる治療薬の抗生物質には症状に合わせたものを使う必要があります。

 

また、種類も多く、副作用の心配もありますからニキビの治療は自分1人で判断しないで、皮膚科の専門医に相談することで、早期解決に繋がります。

 

スポンサード リンク