ニキビ跡の治療の方法

ニキビ跡の治療の方法

ニキビ跡の治療は、ニキビ跡の種類で異なってきます。

 

全てのニキビ跡の治療で言えることは、肌のターンオーバーを促進してくれること。

 

真皮に働きかけ、コラーゲンやエラスチン繊維の生成を助けることがニキビ跡の治療には欠かせません。

 

ニキビ跡の治療法を少しずつ見て行きましょう。

 

まず、色素沈着やクレーターへの治療にはケミカルピーリングがあります。
ケミカルピーリングは、酸の力で古い角質を取り除き、表皮に溜まったメラニンの排出を促しターンオーバーの周期を促進してくれます。

 

自宅でもできますが、肌に刺激が強い場合は避けたほうがいいですね。

 

またニキビ跡の赤み、クレーターの治療には、「リン酸型ビタミンC誘導体」というものも効果があります。
これはリン酸基がビタミンCにくっついたもので、普通のビタミンCよりも10倍の浸透力があるといわれています。

 

リン酸型ビタミン誘導体の100倍の浸透力といわれるものが「新型ビタミンC誘導体(APPS)」というローションです。

 

さらに、ビタミンC浸透やコラーゲン生成促進作用の強い「フラーレン」も、ニキビ跡だけでなく全てのお肌のトラブルに対処できる優れものです。

 

自宅でもできるニキビ跡の治療法ですが、肌に以上が見られた場合はすぐに皮膚科のお医者さんに診てもらってください。

 

スポンサード リンク