ニキビ跡を消す

ニキビ跡を皮膚科で消す方法

皮膚科でニキビ跡を消す場合、どのような治療方法を行なうのでしょうか。

 

皮膚科で行なうニキビ跡治療は、レーザーピーリング、ケミカルピーリング、イオン導入、クリアタッチ(フォトフェイシャル)などがあります。

 

皮膚科ではまずお医者さんとのカウンセリングの後、洗顔し、それから施術します。

 

にきび治療でよく言われるレーザーピーリングは角質層を均一に削ってくれる治療法です。

 

レーザーの熱が皮膚表面の角質に反応することで、肌のターンオーバーを促進しニキビ跡のクレーターを改善してくれます。

 

とくにクリアタッチと呼ばれる治療法は、フラッシュランプという複数の波長を持つ光を照射する治療法で肌へのダメージが少なく、アクネ菌を殺菌し、皮脂腺を収縮してくれるのでニキビ跡が驚くほど目立たなくなり、さらにニキビができにくい美肌になります。

 

皮膚科のニキビ跡の治療は1時間以内で終了するものが多く、忙しい方でも通いやすいです。

 

ただ、皮膚科での治療は1回で終了するわけではなく、何回か通院する必要があります。

 

また、皮膚科でのニキビ跡治療は保健適応外なので、料金も安くはありません。

 

でもあれだけ悩んでいたニキビ跡がどんどん消えていくのを実感できるので、皮膚科へ通うのも楽しくなってくると思います。

スポンサード リンク