ニキビ跡のケア

ニキビ跡のケア

ニキビ跡のケアは、ニキビができてしまった時から始まります。

 

できてしまったニキビが炎症や化膿を起こして、肌の真皮が破壊される前に適切なケアをしてなんとかニキビ跡になるのを食い止めましょう。

 

また、ニキビ跡になってしまった時は、ニキビ跡の種類によってケアをしましょう。

 

ただし炎症や化膿がひどい時は、自分だけで判断せずに皮膚科の専門医さんに相談しましょう。

 

ニキビができた時、ニキビ跡になってしまった時に効果的なケアは、油溶性ビタミンC誘導体がいいといわれています。

 

ビタミンCは、日焼けの時もメラニンの生成を抑えてくれることで有名ですよね。

 

しかも油溶性なので、水溶性と違って真皮にまで浸透してケアしてくれます。もちろん肌が乾燥するのも防いでくれます。

 

真皮まで浸透したビタミンCは、メラニンの生成を抑えるだけでなくコラーゲンなど肌の代謝を活性化する成分の生成を促進し、ターンオーバーの周期を元に戻してくれる働きをします。

 

ニキビ跡の破壊された皮膚へのケアは、油溶性ビタミンC誘導体が頼もしいですね。

 

また、ニキビ跡改善にいいといわれている成分はピーリング効果のあるサリチル酸、グリコール酸、フルーツ酸、乳酸、ナイアシンアミド、イオウなど

 

ニキビができた時もニキビ跡になった時も、肌ができるだけ早く回復できるように肌体力をつけておくことが大事なケアですね。

 

スポンサード リンク