ニキビ跡の赤み

ニキビ跡の赤みを消す方法

赤みのあるニキビ跡は、すごく目立っていやですよね。

 

ニキビ跡の赤みは、ニキビが炎症して残ってしまったものです。

 

また、同じ場所にニキビが繰り返しできて、炎症、化膿してしまった場合も真皮まで皮膚組織が破壊されて出血し、赤みのあるニキビ跡ができてしまいます。

 

また、ニキビ跡の赤みから、色素沈着を起こして茶色っぽいシミのようになってしまう場合もあります。

 

これは、炎症や化膿を起こした際に、真皮を守ろうとしてメラニンが大量に生成されるからです。

 

ニキビで炎症や化膿を起こした肌はすごく弱っているので、代謝も悪く肌のターンオーバーも遅くなります。
そのためニキビ跡の赤みはなかなか消えてくれません。

 

切り傷の場合も、炎症を起こすと傷跡が消えるのには時間がかかりますよね。

 

それと同じように、炎症を起こしたニキビ跡の赤みも、体質や炎症の具合で異なりますが癒えるのには時間がかかります。

 

早い場合で数週間、遅いと数年かかるとも言われています。

 

ニキビ跡の赤みを自宅で消す方法としてはやはりビタミンC誘導体の入った化粧品やフルーツ酸の入った美容液ピーリング洗顔石鹸などが人気があります。

 

しかし個人差もありますから試しても赤みが消えない場合は皮膚科での治療をおすすめします。

 

ニキビ跡の赤みを消すためには、じっくりと付き合っていく必要があります。

 

スポンサード リンク