ニキビの原因

ニキビの原因

ニキビの原因は大きく分けると二つあります。

 

一つ目のニキビの原因は、ホルモンバランスの崩れによるものです。

 

思春期にはアンドロゲンという男性ホルモンが多くなり、皮脂の排出量も増えます。

 

しかも男性ホルモンが増えると毛穴の角質が固くなり、そこに紫外線や肌の乾燥によって毛穴や脂腺排出管が塞がれてしまいます。

 

その塞がれた毛穴内でアクネ菌が皮脂結びついて増殖し、ニキビが出来てしまうんです。

 

生理前にできるニキビもホルモンバランスが原因です。

 

排卵後は黄体ホルモンという、男性ホルモンに似たホルモンが多く分泌されるからです。

 

そしてもう一つのニキビの原因は、不規則な生活によるもの。

 

これは一般に大人ニキビといわれ、ストレスや睡眠不足などが原因と言われています。

 

よく「甘いものを食べるとニキビができやすくなる」って言いますよね?

 

これも糖質類を多く摂ると、皮脂が大量に分泌されるのが原因だからです。

 

背中ニキビはシャンプーや石鹸の残りが毛穴に皮脂が溜まったり、発汗により毛穴の詰まりが原因です。

 

その他の原因としては紫外線、乾燥したお肌、運動不足などもニキビの原因だといわれています。

 

ニキビの予防、ケアはストレスを溜めない生活環境の確保、食事の見直しがとても大切です。

 

ニキビを引き起こすアクネ菌は皮脂の分泌によって毛穴の中で増殖して炎症を引き起こしますので洗顔などでの予防、ケアがとても大切です。

スポンサード リンク