ニキビ跡の治療

ニキビ跡の治療

ニキビ跡とは、ニキビの炎症が治まった後にできる、肌に残った色素沈着や凹凸のことです。

 

ニキビをつぶしてしまった跡がのこっている、炎症を起こしたニキビ跡がいつまでも消えないといった経験はありませんか?

 

ニキビができると、肌の奥にある層まで破壊されてしまいます。

 

肌の奥にある層は「真皮」と呼ばれ、毛細血管が流れ、酸素や栄養分が運ばれている肌にとって非常に重要な役割を持っている場所です。

 

ニキビができると、その真皮にあるコラーゲンなどが破壊され、肌本来の機能を失ってしまいます。

 

ニキビ跡は、ニキビで破壊されてしまった肌が再生できなくて色素沈着してしまったものです。
また、このニキビ跡が集合体となって、クレーターと呼ばれる凹凸ができてしまいます。

 

若い頃に何も考えずつぶしてしまったニキビは、意外と根が深くニキビ跡になってしまいます。
今では、ニキビ跡を消す、治す、目立たなくする化粧品や化粧水がたくさん出てきています。

 

ただし、ニキビ跡ができないように、ニキビをむやみにつぶさないこと、炎症が起こる前に皮膚科へ行くことなどが大事です。

 

ニキビ跡の治療は皮膚科でのレーザー治療、ケミカルピーリング、ダイヤモンド ピーリングなどありますが、専門医と相談してにきび跡の症状に合わせた治療で治すのが基本です。

スポンサード リンク